プログラミング教室

【口コミあり】LITALICOワンダーは料金高めでも評判よし!特徴も合わせて徹底解説!!

投稿日: 11Views

「LITALICOワンダーの評判は?口コミが知りたい!」

「LITALICOワンダーの料金は高い?我が家でも通える?」

「LITALICOワンダーってどんな人にオススメ?」

 

『LITALICOワンダー』について、こんなことが気になっていませんか?

LITALICOワンダーとは、プログラミングやロボットを通じて、子供達にものづくりの場を提供している教室です。

教室は首都圏(東京・神奈川)にあり、現在(2019年7月16日)全国展開はしていません。

そのため、LITALICOワンダーがどんな教室なのか、評判や料金など気になるところですよね?

そこで今回はLITALICOワンダーについて、

  • 料金とコース
  • Twitterでの口コミ
  • 特徴
  • 教室の様子
  • オススメする親子

をそれぞれ解説していきましょう。

LITALICOワンダーとは?

まずは、LITALICOワンダーがどんな教室なのか、簡単にまとめました。

LITALICOワンダーはこんな教室

  • 株式会社LITALICO(リタリコ)が運営
  • 2019年7月現在、教室数16
  • 教室は首都圏(東京・神奈川)で展開
  • 「IT×ものづくり」がテーマで、プログラミング・ロボット・3Dプリンターを使ったものづくりを学べる
  • 対象年齢は年長(5・6歳)~高校生(18歳)まで
  • コースは年齢と内容に合わせて、全部で4つ

LITALICOワンダーは、子供達に以下のように育ってほしい、と教育方針として目指しています。

LITALICOワンダーの目指す子供達への願い

  • 出来事に興味を持つ
  • イメージしたものを形にする
  • 試行錯誤する
  • 失敗を恐れずチャレンジする
  • 自己表現ができる
  • 使う人の立場に立って考える

では、LITALICOワンダーの料金や、コースごとの特徴はどうなっているのでしょう?

LITALICOワンダーと他プログラミング教室の料金とコース比較

LITALICOワンダーと、他の有名なプログラミング教室で比較しました。

プログラミング教室の種類LITALICOワンダーエジソンアカデミーヒューマンアカデミーロボット教室クレファス
対象年齢6(5)歳から18歳まで8歳から(上限なし)5歳から15歳まで6(5)歳から18歳まで
学年年長から高校生まで小学3年生以上(上限なし)年中・年長から中学3年生まで年長から高校3年生まで
料金・初期費用16,200円
・月額料金月2回 14,580円
・月額料金月4回23,220円(税込表示)
・月謝の推奨価格は9,000円~12,000円

(基本固定設定はなし。教室によって異なり、税込・税別かどうかも教室によって異なる)

・初期費用38,500円
・月額料金9,500円
(アドバイザーの進級時に追加キット代が必要)(税別表示)
・初期費用(小学1・2年生の場合)約42,200円
・初期費用(小学3年生以上の場合)約73,200円
・月額料金(年長・小学1・2年生)約11,000円
授業の回数月2回・月4回と選べる(1回90分)月2回(1回90分)月2回(1回90分)大体週1回(小学1・2年生1回50分、小学3年生1回90分)
コース数4コース3コース5コース12コース
教室数16教室約1000教室1400教室以上124教室

LITALICOワンダーは安くても月額1万5,000円近くします。この教室の中で見ると、高い方です。

通うとなると、ご家庭の経済事情を考えてからの方がよさそうですね。

また、この中では唯一月授業の回数(2回もしくは4回)を選べるため、同じ教室でありながら料金差が出てきます。

ちなみに、上記のプログラミング教室はフランチャイズが多いため、公式サイトに料金の表示がないところもいくつかあります。

LITALICOワンダーは直営ということもあり、公式サイトに料金表示がされています。すぐに確認できて親切な印象ですね。

LITALICOワンダーの初期費用は16,200円

LITALICOワンダーの初期費用は、入塾金として16,200円必要です。

入塾金は、新規入塾時のみ必要で、コースによっては別途必要な教材もあります。コースごとに、何が必要なのか確認しておくといいでしょう。

LITALICOワンダーの月額料金は月2回14,580円・月4回23,220円

LITALICOワンダーの月額料金は、授業の回数ごとに変わります。

月2回の授業の場合

  • 授業料:11,880円
  • 教材費:1,080円
  • 教室運営費:1,620円
  • 合計:14,580円

 

月4回の授業の場合

  • 授業料:19,440円
  • 教材費:2,160円
  • 教室運営費:1,620円
  • 合計:23,220円

月2回か4回かで、月額8,000円以上の差額があります。さらに年間にすると、10万円以上もの差が出ます。

授業回数は、「子供の興味・関心度」「経済事情」から考慮して、慎重にしましょう。

LITALICOワンダーは全部で4コース

LITALICOワンダーの授業とコースの概要です。

授業とコースの概要

  • 月2回もしくは4回、1回90分の授業
  • コースは全部で4コース(年長~高校生まで)
  • コースは年齢と目的にあわせて選べる

全部で4つあるコースは、このとおりです。

4つのコース

  1. ゲーム&アプリプログラミングコース(小学1年生~高校生)
  2. ロボットクリエイトコース(年長~小学3年生)
  3. ロボットテクニカルコース(小学3年生~高校生)
  4. デジタルファブリケーションコース(小学1年生~高校生)

それぞれのコースの特徴「どんな子にオススメなのか」解説しますね。

1.ゲーム&アプリプログラミングコース(小学1年生~高校生)

「ゲーム&アプリプログラミングコース」は、その名のとおり、ゲームを作るためのコースです。こんな特徴があります。

ゲーム&アプリプログラミングコースの特徴

  • iPhoneのアプリ制作、パソコン・スマートフォンのゲーム制作を通じて、プログラミングの基礎や概念を学ぶ
  • ビジュアルプログラミングツール「Scratch」などを教材で使用

ゲーム&アプリプログラミングコースは、こんな子にオススメします。

ゲーム&アプリプログラミングコースにオススメの子

  • ゲームが好き
  • 自分でもゲームやアプリを作ってみたい
  • 自分が作ったキャラクターを動かしてみたい

「このゲームはどうやってできているんだろう?」と、ゲームの仕組み自体に興味が向かう子にオススメです。

2.ロボットクリエイトコース(年長~小学3年生)

「ロボットクリエイトコース」も、その名のとおり、ロボットを作るためのコースです。こんな特徴があります。

ロボットクリエイトコースの特徴

  • ブロックを組み立てて、モーターやセンサーの使い方など、ロボットの仕組みを学ぶ
  • ロボットを動かすために、パソコンでプログラミングを学ぶ
  • 「レゴRWeDo2.0」などを教材で使用

こちらはロボットを通じてプログラミングの概念やロボットの仕組みを学んでいくコースですね。

ロボットクリエイトコースは、ぜひこんな子にオススメします。

ロボットクリエイトコースにオススメの子

  • レゴなどブロックやロボットで遊ぶのが好き
  • 自分で工作したり、ロボットを作って動かしたい

ロボットに興味がある子だけでなく、自分で物を作る、「ものづくり」に興味がある子にもオススメしたいコースですね。

3.ロボットテクニカルコース(小学3年生~高校生)

「ロボットテクニカルコース」も、ロボットを作るためのコースです。こんな特徴があります。

ロボットテクニカルコースの特徴

  • モーターやセンサーの仕組みを理解しながら、ミッションをクリアしていく
  • プログラミングによってロボットの制御方法を学ぶ
  • 「教育版レゴ マインドストームREV3」などを教材で使用

さきほどのロボットクリエイトコースよりも、対象年齢が上です。さらに複雑で高度な内容を学べるコースですね。

ロボットテクニカルコースは、こんな子にオススメします。

ロボットテクニカルコースにオススメの子

  • ロボットが好き
  • ロボットの仕組み・構造・デザインに興味がある
  • ロボットを動かしたい
  • ロボコンに出場してみたい

ロボットへの興味をさらに掘り下げられるコースなので、「とにかくロボットが好き!」という子供にオススメしたいコースです。

4.デジタルファブリケーションコース(小学1年生~高校生)

「デジタルファブリケーションコース」は、これまでのコースとはまた毛色が違い、オリジナル作品を作るコースです。

こんな特徴があります。

デジタルファブリケーションコースの特徴

  • デジタル工作機器を使って物を作る
  • パソコンなどでデザインを作成し、3Dプリンターで出力するなどする
  • 3Dプリンターなどのデジタル工作機以外にも、電子工作なども教材として使用

これまでのロボットやプログラミングとはまた違い、3Dプリンターを使うことで、より自分のアイディアに忠実になれるコースといえるでしょう。

デジタルファブリケーションコースは、こんな子にオススメします。

デジタルファブリケーションコースにオススメの子

  • 3Dプリンターやレーザーカッターを使ってみたい
  • 自分のデザインを忠実に再現したい
  • 作った作品を、電子工作で動かしたい

決まった形を作るわけではないので、ロボットやプログラミングに特別興味がない子供にもオススメのコースです。

ちなみに、プログラミングに興味があれば、プログラミングコースも受講することだって可能です。

LITALICOワンダーの口コミ紹介!どんな評判?

LITALICOワンダー関係のイベントや教室体験者など、口コミ・評判を集めました!生の声の評判をぜひ参考になさってください。


LITALICOワンダーのフェスでの様子のようです。未来のエンジニアに向けてのメッセージですね。

 


確かに、料金が高いと感じるのも事実ですよね。でも、魅力は十分感じているようです。

 

https://twitter.com/iotboyshinagawa/status/1089410011992711169
LITALICOワンダーのフェス、「ワンダーメイクフェス」での口コミです。イベントも楽しんでいるようでなによりですね。

 


これは、将来期待大ですね!

 

https://twitter.com/omusubiz/status/1103629405568425985
教室の評判がいいことがわかる会話です。

 

LITALICOワンダーのTwitter上での口コミ・評判を調べていたのですが、おおむね良好な内容ばかりでした。

ちなみに、直接電話で問い合わせた際も、LITALICOワンダーは担当者の方の受け答えの印象が良かったです。

なので、Twitter上で評判がいいのも納得ですね。(中には、電話対応の印象があまりよくない教室もあったので…。)

電話対応一つでも、会社の質が出てしまいます。その点、LITALICOワンダーはいいところだと感じました。

LITALICOワンダーの特徴6つ解説

さらにここでは、LITALICOワンダーの特徴をお伝えしましょう。こんな特徴があります。

LITALICOワンダーの特徴

  • フランチャイズではなく直営の教室なので、講師の質の高さが期待できる
  • 東京・神奈川と、人口の多い首都圏に教室を展開している
  • 「いかにも教室」という感じではなく、自由な空間を演出している
  • 信頼できる企業が運営している
  • 子供1人1人に合わせたカリキュラムを組んでくれる
  • イベントが多いため、子供の刺激になる

フランチャイズではなく直営の教室なので、講師の質の高さが期待できる

フランチャイズで開かれているプログラミング教室が多い中、LITALICOワンダーは直営で教室を運営しています。

そのため、フランチャイズで展開しているプログラミング教室と比べれば、教室数は多くありません。

しかし、直営の強みは、講師にも直接指導ができること。運営元の質が高ければ、講師にも質の高い指導をすることができるため子供への教育にも期待ができます。

まさしく少数精鋭の運営形態で、質の高い指導が期待できるでしょう。

東京・神奈川と、人口の多い首都圏に16教室展開している

LITALICOワンダーは、現在東京と神奈川で以下の教室を展開しています。教室が近場にないか、ぜひ参考になさってください。

東京にあるLITALICOワンダーの教室

  • 押上(東京都墨田区)
  • 吉祥寺(東京都武蔵野市)
  • 立川(東京都立川市)
  • 渋谷(東京都渋谷区)
  • 中目黒サテライト(東京都目黒区)
  • 青山(東京都港区)
  • 池袋(東京都豊島区)
  • 赤羽(東京都北区)
  • 秋葉原(東京都千代田区)
  • 水道橋(東京都千代田区)
  • 蒲田(東京都大田区)
  • 町田(東京都町田市)

神奈川にあるLITALICOワンダーの教室

  • 川崎(神奈川県川崎市)
  • 横浜(神奈川県横浜市)
  • 東神奈川(神奈川県横浜市)
  • 横浜桜木町(神奈川県横浜市)

「いかにも教室」という感じではなく、自由な空間を演出している

LITALICOワンダーの教室は、学校や学習塾のような雰囲気の教室とは異なります。

どうでしょう?曲線の机やカラフルな椅子で、まるで遊び場のような感じがしませんか?

机に向かって勉強することも大事ですが、LITALICOワンダーでは、子供のアイディアを促したり、刺激を受けやすい空間作りをしています。

教室にいるだけで、ワクワクします!

信頼できる企業が運営している

LITALICOワンダーは、株式会社LITALICO(リタリコ)が運営しています。

株式会社LITALICOは、子供の学習塾の事業や、障害児支援事業などを行っています。

また、教育やIT関係の著名人からも、LITALICOワンダーを推薦する人が多くいます。

教育にかけて、信頼度の高い企業であることがわかりますね。

子供1人1人に合わせたカリキュラムを組んでくれる

プログラミング教室は、大体「決まったカリキュラムをこなす」イメージがあるのではないでしょうか?

LITALICOワンダーは、決まったカリキュラムがありません。その代わり、子供1人1人の理解度や興味の対象に合わせたカリキュラムを組んでいます。

子供1人1人と向き合うことで、子供の能力を伸ばすようにしてくれます。

ロボット世界大会で世界7位になった子供もいる

2017年には、LITALICOワンダーに通う小学生チームが世界的なロボット大会(WRO:World Robot Olympiad)に出場、見事7位になりました。

こうした、大きな大会で見事結果を残せるのも、1人1人にあわせて組んだカリキュラムのおかげかもしれませんね!

イベントが多いため、子供の刺激になる

LITALICOワンダーは、年中通じてイベントが多いのも特徴。ざっとどんなイベントがあるのか集めました。

LITALICOワンダーのイベント

  • ワンダーメイクフェス:LITALICOワンダー主催のものづくり発表会イベント
  • ワークショップ:使用教材などを通じた講習会。生徒以外も参加可能なものがあり、時期で内容は異なる
  • 春・夏・冬の特別講習:プログラミングを使った講座や、ものづくりワークショップ、特別な体験ができるコースなどが開催
  • サマースクール:夏休みを早く迎える子供に向けて、好きなコースを好きな回数受けられる

(参加するイベントによって有料・無料が異なる)

いつもの授業だけだとちょっと退屈かもしれません。しかし、イベントに参加することで、子供の心をワクワクさせてよい刺激を与えてくれます。

LITALICOワンダーはどんな人にオススメ?

LITALICOワンダーについてお伝えしてきましたが、ぜひこういった親子にオススメします。

こんな方にLITALICOワンダーはおすすめ

  • 東京・神奈川県の都市部在住者
  • 直営の教室に通わせたい
  • 授業の回数が選べる教室がいい
  • 講師の教育が行き届いている教室に通わせたい
  • 信頼できる運営元の教室に通わせたい
  • レゴの教材を使っている教室に通わせたい
  • 楽しそうな雰囲気の教室がいい
  • イベント事が多く子供が刺激を受ける環境がいい

どのプログラミング教室でもいえることですが、教室に行く前には、お試しで体験教室に行くことをオススメします。

体験教室に行くことで、「この教室は子供に合っているのか?」見極めポイントになります。

LITALICOワンダーの様子を紹介

実際のLITALICOワンダーの様子を収めた動画も紹介します。

LITALICOワンダーが毎年開催しているワンダーメイクフェスの様子です。熱気あふれる会場でいいですね。

【まとめ】LITALICOワンダーは東京・神奈川中心で少数精鋭の教室

LITALICOワンダーについてまとめましょう。

LITALICOワンダーまとめ

  • 料金は初期費用16,200円、月額授業月2回14,580円・授業月4回23,220円
  • コースは全部で4コース、生徒に合わせてカリキュラムを組む
  • 直営の教室で、質の高い教育が期待できる、などの特徴
  • 東京・神奈川県の都市部在住者や、講師の教育がきちんと行き届いている教室がいい親子にオススメ

LITALICOワンダーは、他のプログラミングと比較するとやや高め。しかし、直営で少数精鋭、質の高さが期待できます。

ぜひとも、東京・神奈川在住者の方は、体験授業(所要時間合計90分)に一度足を運ばれることをオススメします!

-プログラミング教室

Copyright© INSPIRE-TV , 2019 All Rights Reserved.