ロボットプログラミング玩具

【最新のロボット!】アーテックロボ2.0の特徴とオススメする人を紹介!!

投稿日: 16Views

「アーテックロボ2.0ってどんなおもちゃ?」

「アーテックロボ2.0の値段っていくら?」

「前のアーテックロボと何が違うの?」

 

など、『アーテックロボ2.0』について気になっていませんか?

アーテックロボ2.0は、アーテック社から発売されているロボットプログラミングキットです。2019年7月現在、「アーテックロボ」シリーズの最新版です。

今回は、そんなアーテックロボ2.0について

  • 値段
  • 特徴(使っているパーツ・できること・前世代との違いなど)
  • 実際に使った画像・映像
  • オススメする人

それぞれ解説していきましょう。

アーテックロボ2.0とは?

まず、アーテックロボ2.0の簡単な概要をまとめました。

アーテックロボ2.0はこんなロボットプログラミングキット

  • アーテック社が手掛ける「アーテックロボ」の次世代機
  • 「アーテックロボのブロック」+「プログラミングソフト」を合わせている
  • 対象年齢8歳以上(子供だけでなく大人も楽しめる)
  • 「Scratch3.0」ベースのビジュアルプログラミングを採用
  • 学校や塾などプログラミングを学ぶ教室でも、試験的に導入されている

アーテックロボ2.0の値段

アーテックロボ2.0は基本セット」「クリエイティブスマートトイセット」と2種類あります。

基本セット32,408円(公式サイトの値段・税抜)です

現在は、基本セットのみ販売されており、Amazonなどでも購入可能です。クリエイティブスマートトイセットの方は、2019年秋発売予定です。

ちなみに、前世代のアーテックロボ「ベーシック」だと30,186円、「アドバンス」だと42,120円です。アーテックロボ2.0は、前世代と同じくらいの値段ですね。

アーテックロボ2.0の特徴

アーテックロボ2.0の特徴について、前世代のアーテックロボと比較しながら解説しましょう。

アーテックロボ2.0のパーツと機能

アーテックロボ2.0のパーツと機能について、前世代と同じ部分と違う部分で分けて解説しますね。

前世代のアーテックロボと共用しているパーツ

まず、前世代のアーテックロボと、アーテックロボ2.0で同じパーツは以下のとおりです。

アーテックロボ2.0と前世代のアーテックブロックで共用しているパーツ

  • アーテックブロック(ブロック部分)
  • ロボットパーツ(ブロックを動かすためのパーツ)

アーテックロボシリーズの特徴である、「タテ・ヨコ・ナナメと使えるブロック」がありますが、基本的にそこは同じですね。

アーテックロボ2.0に内蔵されているパーツと機能など

対して、アーテックロボ2.0と前世代のアーテックロボでは、「いくつかのパーツがすでに内蔵されている」「Bluetoothなどの新機能などが搭載されている」点などが異なります。

アーテックロボ2.0に、組み立て前にすでに内蔵されているパーツと新機能などをまとめると、このようになります。

アーテックロボ2.0に内蔵されているパーツや搭載機能など

  • 5×5(25個)のフルカラーLEDが内蔵
  • 各種センサー7個(光センサー、温度センサー、加速度センサーなど)が内蔵
  • ブザーが内蔵
  • Bluetooth、Wi-Fiによる無線機能が搭載
  • マルチOS(Windows/Mac Android/iOS/ChromeOS)に対応可能

アーテックロボ2.0と前世代のアーテックロボとの違い

アーテックロボ2.0には、パーツの内蔵や、新機能の搭載などがあるとお伝えしました。

すると、前世代と比べてどんな違いがあるのでしょう?アーテックロボ2.0と、前世代の違いについてまとめました。

前世代のアーテックロボよりも進化した部分

  • LEDやセンサーなどがすでに内蔵されているので、複雑な組立や配線などの時間・手間が少なくなった(ブロックは組み立てる部分あり)
  • WiFiが搭載されているので、アーテックロボ2.0同士で通信が可能
  • 作成したビジュアルプログラミングを、「Python(パイソン)」言語に変換可能
  • プログラム容量が大幅にUPしたことで、複数のプログラム(最大10個)を1台に書き込むことが可能
  • Python言語対応、Wi-Fi対応なので、IoT学習にも使える

これらが前世代と比べて進化した部分ですね。

前世代と時間短縮を比較すると、組み立てが8分~10分短縮可能になった

とくに注目していただきたいのは、パーツが内蔵されたことで「前世代よりも、組み立ての時間短縮が可能になったこと」です。

アーテックロボ2.0と前世代だと、ロボットの制作にこれほどの時間差があります。

アーテックロボ(前世代)アーテックロボ2.0
押しボタン式信号機10分2分
ライントレースカー15分5分
自動搬送システム20分10分
チャットシステムの構築
デバイス間通信×

(出典:教育機関の方へ | 株式会社アーテック

前世代よりも、アーテックロボ2.0の方が約8分~10分早く組み立てられるようになったのですね

より、手軽度が進んだことがわかります。

アーテックロボ2.0でできるロボットの種類

基本セットだと、前世代と同じようなものが作れます。

アーテックロボ2.0基本セットで作れるもの

  • 自動車用信号機
  • 押しボタン式信号機
  • 自動搬送システム
  • アームロボットカー
  • 二足歩行ロボット

一方、クリエイティブスマートトイだと、「体感ゲーム」「楽器」「ロボット」「パーティーゲーム」などを作って楽しめます。アクティブなおもちゃが作れますね。

アーテックロボ2.0 クリエイティブスマートトイで作れるもの

  • 風船爆発ゲーム
  • 瞬間居合切り
  • 釣りゲーム
  • 早打ちガンマン
  • センサーギター

アーテックロボ2.0にオススメの人

アーテックロボ2.0にオススメしたい方をまとめました。

アーテックロボ2.0はこんな方におすすめ

  • アーテックブロックロボシリーズが好きで、さらに進化したもので遊びたい
  • 簡単にプログラミングを作成したい
  • 買ってすぐに楽しみたい
  • 組み立てが複雑でない、ロボットプログラミングキットを使いたい
  • ロボット同士でやり取りがしたい

前世代のアーテックロボよりもさらに進化したアーテックロボ2.0。ぜひその手で実際に触れて楽しんでみてください。

-ロボットプログラミング玩具

Copyright© INSPIRE-TV , 2019 All Rights Reserved.