みんなのプログラミング

【動画】鳥好き必見!ソニーのKOOVで首をランダムに向くオウムの作り方!作った子供がプログラムを解説

投稿日: 8Views

Featured Video Play Icon

KOOVのロボットプログラミング

ソニーKOOVで作成した、オウムの首の向きが状況によって変わる仕組み動画です。

オウムの首の根本には、左右に首を動かすためのサーボモーターが取り付けられています。

首を左右に動かすのは、手前にあるコアと呼ばれる白いボックスで制御します。

このコアとサーボモーターの制御をするケーブルを接続します。

コアにある1つのボタンを押すと、左か右のどちらかにオウムの首がランダムに動きます。

一定ではないため、ボタンを押してみたいと、どちらに首が動くのかがわからないのがおもしろいポイントです。

これらを応用すれば、じゃんけんゲームやランダムに動くロボットを作ることが可能です。

使用しているロボットプログラミング

-みんなのプログラミング

© 2020 INSPIRE-TV