ウズウズカレッジは「未経験や職歴のない人」も支援!料金・CCNAなど解説!

アイキャッチ

「ウズウズカレッジについて知りたい。実際に受講した人の評判や就職先って分からないかな?」

「今20代で働いてないんだけど、就職したい!ウズウズカレッジってどうなの?」

「とにかく就職できる武器が欲しい!就職に強い資格を取得できるスクールがあれば教えてほしい」

 

など、上記に当てはまる方は『ウズウズカレッジ』がおすすめ!

ウズウズカレッジとは、主に20代の第二新卒・既卒・フリーターを対象とした、個別指導型ITスクールです。

特におすすめなのが「CCNAコース」。CCNAとは、インフラエンジニアの登竜門といわれる資格。

現在コロナウイルスの影響もあり「就職先を探すのも難しい」という方が多いはず。そんな中でもインフラエンジニアとは、「採用ニーズが高い」「未経験者求人が多い」と、就職に有利な業種なのです。

就職はしたいけどキャリアなどに自信がなく、就職できず悩みがちな方にとって、まさにウズウズカレッジはおすすめの存在!

このページでは、ウズウズカレッジを知りたい方のために以下の内容をまとめました。

このページでわかるウズウズカレッジのこと

  • コース・料金(一押しコース)
  • 実際に受講された方の実例
  • 基本情報
  • 就職先
  • 担当者さまへのインタビュー
  • おすすめしたい人

順番にお伝えしていきましょう!

ウズウズカレッジは2コースから選べて1カ月~3カ月間で受講、受講料金は15万円

アイキャッチ

画像出典:CCNAコース | ウズウズカレッジ|20代向け専門学習と就職を両立できる就活スクール

まずウズウズカレッジのコースと料金からお伝えしましょう。ウズウズカレッジは、2コースから選べて1カ月~3カ月間で受講完了受講料金は15万円です。

申込みから内定/就業開始までの流れをまとめました。

  1. 公式サイトの「申込みフォーム」から申込み
  2. 説明会の日程調整(1営業日以内に連絡)
  3. オンラインで個別説明会(簡単なキャリアカウンセリングをおこなう)
  4. 受講コースを学習(eラーニング・学習動画・演習繰り返し・CCNAコースは卒業試験あり)
  5. (※)求人紹介(良い条件の求人ごとに紹介)
  6. (※)面接対策(過去に選考を受けた先輩のフィードバック情報も活用)
  7. (※)内定/就業開始(条件整理、追加情報収集もおこない就職活動完了)

※ 就業サポート希望の場合です。

ウズウズカレッジには以下2コースがあります。

  1. CCNAコース:ITインフラ(ネットワークやサーバーなど)の設計、構築、運用、保守、監視ができるようになる。就職に強い「CCNA」の資格取得を目指せる
  2. プログラミングコース:プログラミング言語のJavaの基礎を学ぶ、就職のための実践コース

カウンセラーに自分の要望や、希望のコースを伝えるといいですね。

さて現在ウズウズカレッジの一押しコースは、冒頭でもお伝えした「CCNAコースです。

1.【CCNAコース】CCNAの資格取得を目指せる一押しコース

ウズウズカレッジのCCNAコース
画像出典:CCNAコース | ウズウズカレッジ|20代向け専門学習と就職を両立できる就活スクール

「CCNAコース」とは、CCNAの資格を取得してインフラエンジニアを目指すコース。未経験でも受講でき、就職を目指せます。

なぜ「CCNAコースがいいのか?」というと、冒頭でもお伝えしたようにCCNAにはこういった理由があるためです。

  • インフラエンジニアにとって登竜門となる資格
  • インフラエンジニア(ネットワーク系)だと、未経験者求人が多い
  • インフラエンジニアの専門とするITインフラ領域は、コロナウイルスの影響下にありながら採用ニーズが高い

つまり「実践向けで就職に強い」「就職で強みになる資格」なのですね。

「CCNA」はインフラエンジニアを目指すならとっておきたい資格

ところで「CCNAって何?」という方のために、CCNAとは世界最大手のネットワーク機器メーカー、Cisco Systems(シスコシステムズ)社が認定している資格のこと。

「Cisco Systems社製のネットワーク機器の導入や設定などができる」資格ですね。

ネットワーク機器とは、会社内のネットワークを構築する際に必要なネットワークケーブルやルーターなどをいいます。

なぜそんなCisco Systems社認定のCCNAがおすすめなのかというと、こういった背景があるためです。

  • Cisco Systems社製のネットワーク機器が全世界のシェアをほぼ占めているから
  • Cisco Systems社製のネットワーク機器の導入や設定が難しいから

つまり、CCNA取得者とは「みんながお世話になっている物だけど『扱いが難しい』物の扱い方を知っている」ということ。

IT関係の資格の中でも、CCNAは「インフラエンジニアとして認められる」資格。インフラエンジニアを目指す方にとって、ぜひ取っておきたい資格なのですね。

CCNAコースの概要

CCNAコースの概要をまとめました。

  • 料金:税別15万円(学習サポート期間は最大3ヶ月まで可能・その後の就職サポートは無料で期間も無制限でサポート
  • 対象年齢:35歳以下
  • カリキュラムでは1カ月間学び、その後CCNAの資格取得を目指す
  • 学習と資格取得、希望者には就業サポートも可能
  • 受講後も教材の閲覧が可能

ちなみに「CCNAコースの料金(15万円)ってどうなの?」と思われたかもしれませんね。他のスクールでも、CCNAコースは同じくらいの料金です

ただウズウズカレッジだと、集団ではなく個別指導希望者には就業サポート付き料金以上に中身の詰まったコースづくりをしていると感じられました。

CCNAコースは、オンライン上で以下の3部構成で学びます。

  • 解説動画を見る(YouTubeチャンネルの学習動画を参照)
  • 演習問題を解く
  • ハンズオン(実際に手を動かしてネットワークを構築する実践型の学習)

コロナウイルスでくじけそうになりそうな時代だからこそ、CCNAコースは「武器を持ちたい!」方にピッタリのコースですね。



2.【プログラミングコース】つまづきやすいJavaの基礎をきっちり学習する

ウズウズカレッジのプログラミングコース

画像出典:CCNAコース | ウズウズカレッジ|20代向け専門学習と就職を両立できる就活スクール

もう一つの「プログラミングコース」は、Javaの基礎をきっちり学び、プログラマーを目指すコースです。

Javaは小さなアプリから、大きなシステムを開発にも使われるプログラミング言語。仕事のニーズも高く安定性もありますが習得が難しい言語でもあります。

このように聞くと「え、難しいのにウズウズカレッジでは基礎だけなの?」と思われるでしょう。その理由がこちら。

  • Javaは基礎でつまづく人が大半
  • 基礎固めができていると応用もでき、自分で調べて開発もできる
  • 基礎固めをしておくことで、自立する力を身に付けられる

基礎をあやふやにしておくと、後半の応用でつまづく人が多くなるのがJava。ウズウズカレッジでは、あえて基礎固めに絞ることで無駄なく最短距離で学ぶ狙いがあります

ところでエンジニアは、未経験者だと年齢1つ違うだけで採用ハードルが狭くなるとご存じでしょうか?

「いかに短期間で要点を押さえて無駄なく学ぶか」が就活の鍵といえるでしょう。

プログラミングコースの概要をまとめました。

  • 料金:税別15万円(学習サポート期間は最大3ヶ月まで可能・その後の就職サポートは無料で期間も無制限でサポート
  • 対象年齢:不問
  • カリキュラム自体は1カ月間
  • 学習と、希望者には就業サポートも可能
  • 受講後も教材の閲覧が可能

プログラミングコースは、オンライン上で動画を見ながら学習をし、さらに演習問題で実際にコードを書いていきます。

Javaを最短距離で学んで手に職つけたい方は、ぜひプログラミングコースを選ぶといいでしょう。


【実例1】ニート(ひきこもり)からシステムエンジニアに社会復帰できた受講者もいる

ところで「ウズウズカレッジでニートから卒業できるのかな?」と気になる方も多いのではないでしょうか?

実際に、かつてニート(ひきこもり)だった方がウズウズカレッジの就職支援サービスを通じて、システムエンジニアとして社会復帰できた例があります。

その男性は東京大学を卒業していたものの、院での研究に挫折したことがきっかけで、ひきこもりになってしまいました。

男性はひきこもり生活の中で「自分はプログラミングが合っているんじゃないか?」と気付きます。そこでプログラマーになるため、ウズウズカレッジに登録します。

そんな男性の問題点は、周囲とのコミュニケーション。そこでカウンセラーは「自分から周りの人に話しかけよう」と、男性に課題を出します。

自分の殻に引きこもりがちだと、自分から声をかけるのは難しいもの。しかし、この男性は少しずつ自分から周囲に声をかけるようになった結果、就活開始から約一カ月で企業への就職が決まったのでした。

現在、この男性はシステムエンジニアとして、国税庁の業務システムや介護業界向けのソフトウエア開発をおこなうまでになっています。

参照・参考:「ひきこもり東大既卒生が社会復帰できた契機 | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

【実例2】コロナ禍の経済不安がある中、文系からインフラエンジニアに転職できた受講者へのインタビュー

もう一つ、ウズウズカレッジでインフラエンジニアに転職できた受講者の体験談をお伝えしましょう。受講から転職までの具体的なイメージができるはずです。

【Iさん(24才)男性】

Iさんは大学卒業後、新卒でアパレル業界に入社。しかし2020年はコロナの影響で自宅待機、将来の不安を覚え、転職活動を進めていらっしゃいました。

そんな中「ウズウズカレッジCCNAコース&UZUZの就業サポート」を利用、未経験からIT業界への転職を成功されています!

そんなIさんの経緯をまとめました。

Q.アパレルからインフラエンジニアに!大転換の理由は?

Iさん
 インフラエンジニアになろうと思ったきっかけは、コロナの影響で出勤できなかったことです。将来に不安を感じ、コロナでも影響されない仕事をしたいと思うようになりました。

そんな中IT業界のインフラエンジニアは、需要も高まっており必要性や安定性もあると聞き、もっと知りたいと感じました。そこで、ウズウズカレッジのCCNAコースの無料説明会に参加しました。

私は「ど文系」なので、IT系の仕事ができるのか不安でした。なので、無料説明会で不安に思っていることを全部たずねたのですが、文系の「言葉を認識する」「コミュニケーションを活かす」ほうが、インフラエンジニアにとって重要と知ります。

さらにネットで調べると「文系だからダメではないんだ」と感じました

ちなみに無料説明会は「説明会」というより、個別カウンセリングですね。カウンセラーの方が、自分の選択が合っているのか、どんな職業が合っているのかなど、丁寧に話してくれました。

Q.ウズウズカレッジCCNAコースを受講しようと思った理由は?

Iさん
インフラエンジニアになるには、勉強しないと就職するのが難しいと聞いていたからです。なので「本格的に勉強してみよう」と思いました。

しかし、自分が今まで一度も触れてこなかった分野なので、一人で勉強するのはハードルが高いと思っていました。

その点ウズウズカレッジだと、

  • 他のスクールと比べて授業料が安く、短期間で学べる
  • 就職支援をしてくれるので安心

この2点から、ウズウズカレッジのCCNAコースを選びました。

ただ、CCNAコースは15万円します。他のスクールと比較して安いとはいえ、自分にとって安いは言えない金額だったため、家族に相談しています。

すると兄から「将来性もある分野だし、それで就職にも近づけるのならやってみたらいいと思う。あとは自分で決めな」と言ってもらい、覚悟を決めました。

Q.他のスクールを調べたりはしましたか?

Iさん
ウズウズカレッジ以外のスクールも調べましたが、ウズウズカレッジに決めたのは、
  • 授業料の安さ
  • 学習期間が短い(短期間でCCNA取得を目指せる)
  • カリキュラムも日割りで細かく、イメージがつきやすかった
  • 無料説明会で話を聞けたことが安心感につながった

これらの点に魅力を感じたからです。

Q.勉強は1日あたりどれくらいおこなっていましたか?勉強で意識していたことなどはありますか?

Iさん
勉強は1日3、4時間やっていました。一人暮らしでアルバイトのお金で生計を立てていたので、アルバイトを2つ(スーパーと配達員)掛け持ちして、隙間時間に勉強をしていました。
 

勉強のときに意識していたことは「分からないことがあったらすぐ講師に聞く」ですね。

Q.CCNAを学んでいてつまづいたことはありましたか?あった場合どんなことですか?

Iさん
つまづいたことはありました。特に「コマンド」という「どんな指令を出したらどんなふうに動作するか」という操作をする部分があるのですが、そのコマンド入力には手こずりました。

コマンドに慣れるのには時間がかかりましたが、解説動画を何回も見直しました。

Q.ズバリ、講師との距離感・教え方などはいかがでしたか?

Iさん
ラフに接してもらったのがとても楽でした!

「先生と生徒」の壁を感じず、上下関係ではなく対等な感じで話してくれました上から目線で指摘や注意されるのではなく、アドバイスをたくさんくれる感じです。

またノルマの点数をクリアしたときは、とても褒めて補足もしてくれたので、テストもプレッシャーを感じずに挑むことができました。

Q.ウズウズカレッジCCNAコースに対して、もっとこんなことができたらいいな、こんなサービスがあったらいいなと思ったことがあれば教えてください!

【良かった点】

  • 日割りで具体的に計画を立ててもらえた
  • こと細かにスケジューリングしてくれる
  • 進捗具合を可視化できるため、常に自分の立ち位置を確認できた
  • 「ここまで進んだんだ!」という達成感を味わえた
  • 定期チェック(約1時間の間隔でZoomをつなぎながらテストを受講、その場で答え合わせができ、間違った部分をすぐに教えてもらえる)が良かった
  • 映像授業なので自分のペースで進められる

【改善点】

  • Zoomでの定期チェック面談の日程調整調整が少し難しかった(アルバイトのシフトをずらさないといけないこともあった)
  • 日によって映像授業の時間にばらつきがあった(1授業60~90分もあれば、10~20分で終わるものもあった)ので、1授業が長いものは章ごとに20分くらいで切り分けてもいいのではと思った

以上、Iさんのインタビューでした!

Iさんもコロナウイルスの影響で、仕事に不安を覚えていた一人。こういった成功例を見ると希望を持てますね。

ウズウズカレッジの基本情報

ここまでコースや実例をお伝えしてきましたが、あらためてウズウズカレッジの基本情報をまとめておきましょう。

  • 運営会社:株式会社UZUZ(ウズウズ)
  • サービス自体の開始は2012年2月から、有料サービスの開始は2020年2月から
  • 対象年齢:就職支援は主に20代(第二新卒・既卒・フリーター中心)、「CCNAコース」は35歳以下、「プログラミングコース」は年齢不問
  • 月謝:15万円(税別・最大24分割で月々約6,250円払い可能)
  • コース:2コース(「CCNAコース」「プログラミングコース」)
  • 受講形態:すべてオンラインで完結(チャットサポートやZoomを使用)
  • 備考:就職、転職した卒業生:1,000人以上・入社1年以内の定着率:97.3%・満足度アンケート:5点満点中4.42点

冒頭でもお伝えしましたが、ウズウズカレッジは個別指導型ITスクール。もともと就職支援をおこなっていた基盤もあるため、学習指導だけでなく一人ひとりに寄り添った就職支援も得意としています。

知識や資格もない未経験で、さらに就活の方法が分からなければ、積極的になれないでしょう。

そんな「20代で自分のキャリアに不安がある方」「フリーターで今の状況を脱したい方」などが、ウズウズカレッジにピッタリです。

ウズウズカレッジには、他にもこういった特徴があります。

  • 就職後もLINEでのフォローや同窓会イベントがある(コロナにより中止)
  • キャリアカウンセリングなどサポート時間に平均20時間(他社の10倍)割き、個別にサポートしてくれる
  • 就職先にブラック企業を紹介しない
  • YouTubeチャンネルがあり、CCNA学習動画の中でも「No.1再生数&高評価率98.2%」を誇る

特に注目したいのが、YouTubeチャンネルの「UZUZ就活チャンネル」。現在、登録者数は2万人です。

本来なら有料で得るようなCCNAの知識も、なんと無料で一部公開しています。

こちらの動画、動画のサムネイルに「IT未経験」とあるように、エンジニア未経験の「文系の方」でも理解できるように作られています。

YouTubeコメント欄を読んでも、「分かりやすい」とのコメントが多く、かなりの高評価

「文系だから無理」「未経験だから無理」と思わず、まずはYouTubeの動画から見るのもありですね。

就職先は大手企業からベンチャー企業など、登録企業は1,500社以上!

ウズウズカレッジの就職先一部

画像出典:ウズウズカレッジ|20代が仕事を学びながら、就活できる就業支援サービス

ウズウズカレッジの就職先は、大手企業からベンチャー企業など登録企業だけでなんと1,500社以上!

そもそもウズウズカレッジは「ブラック企業は紹介しない」としており、紹介先の就職先とのラインができています。

離職が少なく、就職後の定着率(入社1年以内の定着率は97.3%)も高く、さらに受講後一カ月ほどで内定を取れる方も多いのですね。

ウズウズカレッジの気になる就職先はこちら(一部です)。

  • 株式会社ブリーチ
  • ランサーズ株式会社
  • 株式会社サムライ・アドウェイズ
  • 株式会社ランバーテック
  • 株式会社SHY
  • 図研テック株式会社
  • 日研トータルソーシング株式会社

また「自分の適職を知りたい!」方は、ウズウズカレッジの公式サイトで「適職診断」を受けてみるのもおすすめ!軽い気持ちで質問に答えていくだけで、自分の適職が分かります。

ウズカレ適職診断 | ウズウズカレッジ|20代向け専門学習と就職を両立できる就活スクール

ちなみに、ウズウズカレッジ同様にブラック企業を紹介しない就職支援サービスといえば「DMM WEBCAMP」もそう。ITエンジニアとして就職を目指している方は、ぜひこちらの記事も参考になさってください。

【評判あり】DMM WEBCAMPは転職サポートが魅力!20代におすすめ!徹底解説

 

ウズウズカレッジの担当者さまにインタビュー!CCNAコースの一番のポイントは?ウズウズカレッジは他のスクールと何が違う?気になる点を聞きました!

ノートにメモを取る様子

今回ウズウズカレッジの担当者さまにインタビューをさせていただきました!CCNAコースのおすすめポイントやウズウズカレッジの強みなど、気になる点をいろいろ聞きましたので、ぜひ参考になさってください。

Q.「CCNAコース」の一番のおすすめポイントを教えてください

ウズウズ担当者
「完全にオンラインで個別でスケジュールを組み、一人ひとりの課題に向き合って講師が直々にアドバイスをする」ということですね。

例えるなら、パーソナルトレーニングジムのようなものと思っていただけたらと思います。

それから、大きなプログラミングスクールさんだと60万、70万円するような内容も、ウズウズカレッジだと15万円くらいで受けられる、という点ですね。

 

低価格で良質、個別のサポートが充実しているところが魅力、ということですね。
ルルちゃん

 

ウズウズ担当者
そうですね、あと個人に寄り添えるということ学習支援、さらに希望者なら就職支援もおこなう、ということですね。

Q.ウズウズカレッジさまと他社との差別化ポイントは「20代の第二新卒・既卒・フリーター対象」「徹底的にサポート」と思われるのですが、他にもどんな点で差別化ができていると思われますか?

ウズウズ担当者
就業サポートの点において、未経験の方、ニートの方、フリーターの方、職務経歴ない方なども、就業支援をずっとさせていただいてきていますので、どんな経歴の方でも一緒に最後まで寄り添ってサポートできる、という点ですね。

確かに今はコロナということもあり、どこの会社も厳しいという事実はあります。

それでも「最後までサポートできる親身さ」が差別化ポイントですね。

Q.コロナウイルスの影響から、受講生の数など変化はありましたか?

ウズウズ担当者
数にはあまり影響はありませんでしたが、無料説明会で受講希望者の方にコースを検討されたきっかけを聞いていると、「何か武器を持ちたい」とか、安定志向とか、「手に職を付けて働きたい」といったニーズが高まってきていると感じます。

やはり、不景気だからこういったニーズが出てきているのかなと思いますね。

なので、資格やスキルやプログラミングなどお金を払ってでも身に付けて、就職をしたいニーズも全体的にあると感じました。

また弊社としてましても、どんどん受講者を増やしていきたいなと考えております。

Q.ウズウズカレッジは「第二新卒・既卒・フリーター」の方を対象に力を入れておられますが、さらに「こういう方にすすめたい」という方はいますか?

ウズウズ担当者
現在のところは、CCNAコースは35歳以下プログラミングコースは年齢不問とさせていただいております。その後の就業支援を受けられたい方は20代(第二新卒・既卒・フリーター)の方をメインにさせていただいております。

現在のところ、CCNAの特性(35歳以上の求人がないなど)などから年齢層を広げるなどはあまり考えていないのですが、より多くの方、一人ひとりに寄り添っておすすめしたいと考えています。

Q.今後さらにどんな展開を目指されていますか?

ウズウズ担当者
ウズウズカレッジでは、現在「UZUZ就活チャンネル」というYouTubeチャンネルに力を入れておりまして、登録者数も2万人以上います。

その再生リストの中に、講師が今のプログラマーの就職市場について解説するなどあり、いろいろな項目に分けて、配信させていただいております。

なので、ただ知識を詰め込むといったものではなく、プログラマーに付随した労働環境や就職市場や働き方、キャリアの積み方みたいなところも総合的に発信していきたいなと考えておりますね。

ただ知識を教えるだけでなく「付随したものも一緒に学べるようなスクール」の部分を大切にしていきたいなと思っています。

それからやっぱり、「Javaを学びたい」「CCNAをしたい」などの大元の理由には「キャリアをもっと積みたい」という方が多いと思うので、そういった大元の問題解決をしていきたいです。

あと、ウズウズカレッジでは講師がTwitterもやっていますね。

 

「付随した情報」「大元の問題解決」「SNSに力を入れる」と、3つの柱に力を入れたい、という感じでしょうか?
ルルちゃん

 

ウズウズ担当者
そうですね、どちらかというと、力を入れているものをもっと伸ばしていきたいと考えております。

 

担当者さま、お忙しいところお答えいただきましてありがとうございました!

インタビューを通じて感じたウズウズカレッジの魅力

実際にお話をうかがっていて、強く感じたのが以下の点です。

  • 未経験者や職歴のない方への就職支援をおこなってきた「自信と知見」
  • コロナウイルスの影響もあり、資格取得に力を入れている
  • 少数精鋭で「一人ひとりに合わせた指導」

学習と一緒に、就業支援もしてくれるITスクールは確かに他にもあります。

ただこれほど「就職支援に自信がある」と言われていたのは、ウズウズカレッジの注目すべきポイントだと感じましたね。未経験者や職歴のない方でも、安心して支援を依頼できる心強さがあります

またウズウズカレッジは決して大規模なスクールではなく、少数精鋭のスクール。少数だからこそ可能な、一人ひとりにフォーカスした指導に期待できると感じました!

ウズウズカレッジをおすすめしたい人

ここまでお伝えしてきた内容を踏まえて、ウズウズカレッジをおすすめしたい方をまとめました。

  • 第二新卒・既卒・フリーターの20代
  • 自信がなくて就職に積極的になれない
  • 学習と一緒に就職支援サポートを受けたい
  • 自分のペースで学びたい
  • 就職に強い資格を取得したい
  • 最短距離で学習、就職したい
  • 地方在住(オンラインで受講可能)

上記に当てはまる方は、次章で紹介するウズウズカレッジの個別面談に相談してみてはいかがでしょうか?

まずはウズウズカレッジの個別面談でお話ししてみよう

少しでもウズウズカレッジが気になった方は、個別面談でカウンセラーとお話ししてみましょう!

ウズウズカレッジの個別面談の申込みは以下の流れ。

 

1.公式サイトから個別面談を申し込む

  • CCNAコースに興味がある方はこちら
  • プログラミングコースに興味がある方はこちら

2.ウズウズカレッジから連絡がくる

 

まずは軽い気持ちからでもいいので、就職への悩みなどを聞いてもらうことからはじめてみてはいかがでしょう?

【まとめ】未経験や職歴がなくて自信のない人は、ウズウズカレッジに相談してみよう

ウズウズカレッジについてお伝えしてきました。最後にお伝えしてきた内容をまとめましょう!

  • コースは2コースから選べて受講期間は1カ月~3カ月
  • 一押しは「CCNAコース(税別15万円)」
  • ニート(ひきこもり)からシステムエンジニアに社会復帰できた方もいる
  • ウズウズカレッジは主に20代(第二新卒・既卒・フリーター中心)対象の個別指導型ITスクール
  • 受講方法はオンラインのみ
  • 就職先は大手企業からベンチャー企業など、登録企業は1,500社以上
  • おすすめしたい人は「第二新卒・既卒・フリーターの20代」「自分に自信がなくて就職に積極的になれない」など

ウズウズカレッジは、一人ひとりに合わせて個別に対応してくれるスクール。

未経験や職歴がなくて自信のない方こそ、ウズウズカレッジで一歩踏み出してみましょう!

© 2021 INSPIRE-TV