プログラミング教室

【評判あり】KENスクールは厚い転職サポートのあるITスクール!徹底解説!

投稿日:2020年9月9日 更新日: 2Views

KENスクール アイキャッチ

「KENスクールの評判が知りたい」

「今20代なんだけど、KENスクールで本当に転職できるのかな?」

「KENスクールってどのコースがいいの?」

 

など、KENスクールについて気になっていませんか?

KENスクールは、厚い転職サポートを受けられるパソコン教室・ITスクール。さまざまなコースがあるため、自分に合ったコースを選べるのが魅力です。

このページでは、さらにKENスクールを知りたい方のために、以下の内容をお伝えしていきましょう。

このページでわかるKENスクールのこと

  • Twitterでの評判
  • 基本情報
  • コース・料金(とくに注目したいコース)
  • メリット
  • デメリット
  • おすすめする人
  • 資料請求・無料カウンセリングも受付中

それでは見ていきましょう!

KENスクールの評判を紹介!Twitterでの生の声!

まず、KENスクールの評判をお伝えしましょう。Twitterから生の声を多数集めましたので、ぜひ参考になさってください。

こちらの方は、ひととおりの言語を学び終えたようですね。

続きです。きちんと学び直そうと、KENスクールに通いはじめた模様。

さらに続きです。卒業後は、自分で必要なものをそろえたようですね。こちらの方はKENスクール卒業後も、地道な活動をTwitterでつぶやかれています。

こちらの方は、カウンセリングを受けられたのか、KENスクールの傾向を詳しくつぶやかれています。続けて紹介していきましょう。

フリーランスの内容とあわせて業界の考察をされているので、参考になります。

続きです。KENスクールは男性比率が多く、CCNA(ネットワークエンジニアの技術者認定資格のこと)の影響から、夏以降の受講がおすすめとのこと。

続きです。転職活動と並行しやすいとのことですね。

続きです。時期によっては予約しづらいコースもあるようですね。

連投はここまで。KENスクールでは、カウンセラーの方の印象がよかったようですね。

2019年の末頃の評判ということもあり、2020年で状況が変わっているかもしれませんが、KENスクールの傾向が見えてきます。

慣れないことを1人で学習するのは大変。きちんと教えてくれる人がいるのは心強いです。

こちらはかつて通っていた方の評判。学習の相談だけでなく、転職などいろいろなことを相談できたようです。

こちらは、KENスクールのVtuberがかわいいと好評。

こちらもKENスクールのVtuberに関する評判。後ほどまた紹介しますが、確かに力を入れているのが伝わってきます。

 

今回、できる限り受講生の評判を探したのですが、KENスクール自体さほどアピールしていないせいか、さほど見つかりませんでした。

評判の母体数自体が少ないこともあったのか、Twitterで悪い評判は見つけられませんでしたね。

むしろ、さほどアピールしていないからこそ、KENスクール=堅実な印象を受けました。

KENスクールは、転職をプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれるスクール

つづいて、KENスクールの基本的な情報をまとめました。

  • 運営会社:株式会社シンクスバンク
  • 受講形態:対面式(通学制)
  • 学習内容:Webデザイン(Photoshop・illustrator・HTML/CSSなど)、プログラミング(Java・C言語など)、CAD など
  • 校舎(教室):新宿本校・池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田・札幌(福岡は法人向け)
  • コース(料金・税抜):プログラミングコース(38,000円~816,000円)・Web・DTPデザインコース(6,000円~506,000円)・ネットワークコース(19,000円~924,000円)・CADコース(112,000円~180,000円)・オフィスコース(4,500円~447,000円)
  • 受講条件:なし
  • マンツーマンレッスン:△(完全に1対1の指導というわけではない)
  • 転職サポート:○
  • 備考:現在コロナウイルスのため、無料体験レッスンは一時停止中

KENスクールは、前身となった組織での活動を含めると、かれこれ30年以上の実績があるスクール。

教室は東日本に集中しているため、西日本以外の方だとなじみのある存在かもしれません。

2019年からは、公式でこんなVTuberも登場。評判でもありましたが、「硬派なスクール」のイメージから、少しずつ新しい風を取り入れているようですね。

KENスクールはコースが豊富!中でもとくに注目したい講座と料金解説

さて、KENスクールはとにかくコースが多いのが特徴。料金もピンキリで、最低4,500円のコースがあるかと思えば、最大90万円以上のコースまであります。

そこで、この章ではKENスクールの大まかな5つのコースと、とくに注目したいコースを紹介しましょう。

KENスクールでは、大まかに以下の5つのコースにわかれます。

  • プログラミングコース
  • Web・DTPデザインコース
  • ネットワークコース
  • CADコース
  • オフィス

さらに、このコースの中でどんな講座があるのか?一例と、学習内容、料金の範囲を簡単にまとめました。

コース名(講座一例) 学習内容 料金(税抜)
プログラミングコース
(「Javaプログラマー養成コース」・「Excel VBA Standardライセンスパック」 など)
Java・C言語・組み込み・iPhoneアプリ・Androidアプリ・VBA・VB・Unity・データベース・PHP・jQuery・JavaScript・WordPress(CMS) など 38,000円~816,000円
Web・DTPデザインコース
(「Web実践就転職総合コース」・「「極」グラフィックPro」 など)
HTML・CSS・JavaScript・jQuery・PHP・WordPress・Photoshop・Illustrator・InDesign など 6,000円~506,000円
ネットワークコース(「CCNA認定取得講座」・「Linuxレベル1取得講座」 など) CCNA・CCNP・WindowsやLinuxを使ったサーバー構築技術 など 19,000円~924,000円
CADコース(「CATIAV5 初級」・「AutoCAD 建築初級」 など) CATIA・NX・AutoCAD 112,000円~180,000円
オフィスコース(「基礎からのMOS Word & Excel Expert」・「Excel基礎」 など) Excel・Word・PowerPoint・Access 4,500円~447,000円

なお、KENスクールでは入学金として別途30,000円(税抜)も必要です

講座は、単科講座セットで受けられる講座と、自分に合わせて選べます。

CCNAなどの、資格取得可能な講座が多数あるのも魅力!

注目したいのは、Webデザインの「極」グラフィックProコース

多数あるKENスクールの講座の中で、とくに注目したいのが、Webデザインコース内にある、「極」グラフィックProコース(165,000円)。

「極」の言葉のとおり、Webデザインを極めるためのコースですね。

  • IllustratorとPhotoshopによるグラフィック制作
  • 効果的なWebサイトデザインとDTPレイアウトを身に付ける
  • 理論や表現方法を学ぶ
  • 中級者から上級者向け

「極」コースは、厳しいとの評判があります。実践のように課題に取り組み、講師が評価してくれます。

プロ向きのコースなので、何度も「ダメ出し」されます!

厳しいコースですが、実戦さながらに鍛えられるため、転職から即戦力を目指す方におすすめですね。

もちろん、この「極」コースの受講後も、プロとして活躍するためには、継続して勉強していくことが大事です!

KENスクールの気になるメリット・魅力4点解説

メリット

この章では、KENスクールのメリットや魅力をお伝えしましょう。

  1. 転職サポートがしっかりしているので心強い
  2. コース(講座)が豊富なので自分の希望に合わせて選べる
  3. どこの校舎(教室)を使ってもOK
  4. 自分の予定に合わせて受講スケジュールを組める

順番に見ていきましょう。

1.転職サポートがしっかりしているので心強い

KENスクールの魅力は、転職サポートがしっかりしていること。KENスクールの転職サポートの魅力をまとめました。

  • プロのキャリアアドバイザーがサポート
  • 受講生就職率83%
  • 700社に及ぶ研修実績
  • 7,000人以上に及ぶ卒業生のサポート
  • 就職・転職者の約半数が未経験ながらも採用実績あり
  • 非公開の求人も多数あり
  • サポートは無料

KENスクールの転職サポートは、企業との太いパイプに期待ができます。

プロのアドバイザーが見てくれるだけあって、「きちんと面倒を見てくれた」という評判も。

IT未経験者で不安のある方、未経験でフリーランスを目指している方は、KENスクールの転職サポートで相談してみるのもありです。

IT・Web業界の先輩である、講師に直接話を聞いてみるのもおすすめ。詳しい話が聞ける可能性が高いです

2.コース(講座)が豊富なので自分の希望に合わせて選べる

KENスクールはとにかく受講できるコース(講座)が豊富単科やセットなど、自分の目的に合わせて選ぶことができます。

未経験者向けのコースもあるので、コース選びに悩んだら、カウンセリングに相談してみるといいでしょう。

3.どこの校舎(教室)を使ってもOK!環境が良いうえに通いやすい

KENスクールではなんと、どこの校舎(教室)を使ってもOK。固定された校舎(教室)で学ぶ必要ありません。自分のお気に入りの校舎を利用できます。

校舎(教室)は、新宿本校・池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田・札幌とあります

校舎(教室)には、こんな特徴があります。

  • きれい
  • パーソナルスペースを確保できる
  • 自宅にパソコンや専用のソフトがなくても、教室のものを使ってOK
  • 主要都市にある
  • 駅の近くにある

ただ現在、新型コロナウイルスの影響もあり、臨時休校になることもあります。公式サイトでスケジュールをチェックしておくといいでしょう。

KENスクール公式サイト ニュース一覧

対応講座に注意

KENスクールでは、校舎(教室)別に受けられる講座が異なります。その校舎(教室)では何が受講できるのか、事前に確認しておきましょう

4.自分の予定に合わせて受講スケジュールを組める

KENスクールでは、決められたスケジュールがありません。自分の予定に合わせて受講スケジュールを組めます。仕事で忙しい人や、仕事帰りの人に嬉しいシステムですね。

ただし、人気のある校舎や平日以外、上級コースだと受講者が多いため、予約には注意が必要。講師も常にいるわけではないため、状況によっては受講の予約ができないこともあります。

混んでいると、講師が丁寧な指導をできないことも

できれば、受講者の少ない日・時間帯を確認してスケジュールを組みましょう。

KENスクールの知っておきたいデメリット4点解説

デメリット

KENスクールにはデメリットもあります。

  1. 内容を比較しすると高いと感じる可能性がある
  2. 完全な個別指導というわけではない
  3. 「講師の質にムラがある」との指摘。満足のいく学習ができない可能性がある
  4. 今のところ通学制のみ。オンラインはなし

順番に見ていきましょう。

1.内容を比較すると高いと感じる可能性がある

KENスクールでは、コースの内容と比較すると、高いと感じる可能性があります。

確かに、KENスクールでは転職サポートも受けられますし、コースによっては資格も取得も可能。

ただ、「他のスクールなら、転職サポートと一緒に、資格取得のための学習が無料で受けられる」という指摘もあります。

また、受講料とは別に、入会金も30,000円必要なので、他のスクールと比較したときに「思った以上に高かった」と感じる可能性がありますね。

CADコースならWinスクールのほうがお得

WinスクールのCADコースのほうが、入会金(18,000円)が少ないうえに、受講可能な講座が多いです。

CADを学びたいなら、KENスクールよりもWinスクールのほうを検討されてみるといいかもしれません。

2.完全な個別指導というわけではない

KENスクールの公式サイトでは「1対1で授業を行う」と記載していますが、実際は、

  • 「完全な個人レッスンではない」
  • 「複数の受講生に対して一人の講師が受け持つ」

と、指摘があります。

やはり、一人ひとり講師を割り当てるのは、現実的ではないのでしょう。

マンツーマンというよりも「個別に進行して、個別に学習を進めていく」のほうが正しいですね。

いわゆる「学校の授業の形式ではない」ということですね

3.「講師の質にムラがある」との指摘。満足のいく学習ができない可能性がある

KENスクールでは「講師の質のムラがある」という指摘もあります。講師によっては、満足のいく学習ができないかもしれません。

ただ、「講師の質にムラがある」は、他のスクールでもよくある問題

もちろん、一定以上の水準は大事ですが、生身の人間である以上、どうしても浮上する問題といえます。

すでにIT関係に知識があったり、知識が増えてくると物足りなくなってくるかもしれない

また、KENスクールではどちらかといえば未経験者が対象。ITの知識があったり、学習が進むにつれ、物足りなくなってくるかもしれません。

「本当にこの質・内容で妥当な料金かな?」と、感じるようになるかもしれませんね。

4.今のところ通学制のみ。オンラインはなし

KENスクールでは、今のところオンライン講座はありません。通学制です。

しかし今、心配されているのは新型コロナウイルスの存在でしょう。

現在、通信講座やオンラインスクールにも人気が集まっていますね

もしかすると、今後KENスクールでもオンライン講座が誕生するかもしれません。

KENスクールはこんな人におすすめ!

ここまでお伝えしてきた内容を踏まえて、KENスクールはこういった人におすすめです。

  • プロから転職サポートを受けたい
  • 実践に近い学習をしたい
  • グループレッスンではなく個別指導を受けたい
  • 未経験者だがITスキルを身に付けたい
  • CCNAなどの資格を取得したい
  • 自由にスケジュールを組みたい
  • 直接講師にたずねてやりとりをしたい
  • 堅実なスクールがいい

上記に当てはまる方は、ぜひKENスクールを検討されることをおすすめします!

おすすめしない人もいる

一方で、KENスクールをおすすめしない人もいます。

  • 料金を高いと感じる
  • 校舎(教室)に通える範囲に住んでいない
  • 完全にオンラインで受講したい
  • ある程度のITのスキルがすでに身に付いている
  • CADコースを検討したい

上記に当てはまる方は、別のスクールを検討されるといいでしょう。

もしくは、一度KENスクールの無料カウンセリングに相談されてみることもおすすめします。

KENスクールでは、資料請求も無料の個別カウンセリングも可能

KENスクールでは、資料請求と無料の個別カウンセリングも受け付けています。気になったら、ぜひ利用されることをおすすめします。

KENスクールの資料請求はこちらをどうぞ。

資料請求のお申し込み|パソコン教室・ITスクールの【KENスクール】

カウンセリングは、今のところ電話orオンラインで対応しています。個別カウンセリングの申込みは、こちらでどうぞ。

無料カウンセリングのご予約|パソコン教室・ITスクールの【KENスクール】

【2020年8月12日時点】新型コロナウイルスのため、無料体験レッスンは一時停止中

KENスクールでは無料体験レッスンも体験できるのですが、新型コロナウイルスのため、一時停止中です。残念ながら参加はできません。

現在こそ参加はできませんが、参加できるのであれば、ぜひスクールの無料体験レッスンには参加しましょう。

なぜなら、ネットの情報だけだと、ネガティブな情報に引っ張られやすいからです

また、ポジティブに語られていたことも、実際には違っていた、ということもあります。

スクールは、実体験から自分に合うのか見極めましょう。

【まとめ】KENスクールでスキルを身につけて転職を成功させよう!

最後に、KENスクールについてまとめました。

KENスクールまとめ

  • KENスクールは転職をプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれるスクール
  • コースは大きく5つにわかれている
  •   プログラミングコース(38,000円~816,000円)
  •    Web・DTPデザインコース(6,000円~506,000円)
  •   ネットワークコース(19,000円~924,000円)
  •    CADコース(112,000円~180,000円)
  •   オフィスコース(4,500円~447,000円)
  • 注目コースはWebデザインの「極」グラフィックProコース
  • メリットは「転職サポートがしっかりしているので心強い」
  • デメリットは「内容を比較すると高いと感じる可能性がある」
  • おすすめする人は「プロから転職サポートを受けたい」
  • おすすめしない人は「料金を高いと感じる」
  • 無料体験レッスンは一時停止中だが、カウンセリングは受け付け中

KENスクールはコースが豊富なので、自分に合ったスキルを身に付けられます。

ぜひ、KENスクールでスキルを身につけて転職を成功させましょう!

-プログラミング教室
-,

© 2020 INSPIRE-TV